リスクの軽減で見えてくる素敵な未来|成功できるマンション経営術

サラリーマンにできる投資

アパート

ワンルーム経営のメリット

マイナス金利の時代に資産を増やすためには、積極的な投資が最適です。投資にはリスクが付きものですが、セミナーなどを通じて知識とノウハウを身につければ安全です。投資の中でも最もリスクが小さいといわれているのが不動産投資です。不動産投資というと土地や資産がないと参加できないと思われがちですが、実はサラリーマンで行っている人は結構たくさんいます。初期投資額が小さくてもできるのがワンルームマンション経営です。これならサラリーマンでもマンション経営が可能です。ワンルームを購入して賃貸用にすればいいのです。この時に大事なのは入居率の良いワンルームを購入するという点です。入居率が良いということは長期間にわたって家賃収入が得られるということです。

収益率が良ければ成功する

マンション経営で大事なのが収益率です。ワンルームを購入するために必要な資金と、賃貸に出して得られる家賃収入の割合を計算する必要があります。収益率を上げるためにはなるべく購入資金を低く抑えることが必要です。いくら入居率が良くても購入資金が高いと収益率は下がります。収益率を上げるためには新築ではなく、あえて中古物件を選ぶという工夫も必要になります。新築よりも価格が安いですし、探し方次第によっては入居率のよい物件を手に入れることができます。探し方にも工夫が必要で、若者に人気のある街を中心に探したり、大学や企業が多くあるエリアの物件を探すと掘り出し物が見つかることがあります。ワンルームマンション経営は入居者がない場合は自分が住むという覚悟があれば、誰にでもトライすることができます。