リスクの軽減で見えてくる素敵な未来|成功できるマンション経営術

安く部屋を借りるなら

模型を持つレディー

airbnbは大阪市をはじめとした日本全国や世界各地の物件を紹介しています。この魅力に関しては、やはりオシャレな部屋を格安で借りることが出来る点や、自分で部屋を貸し出して収入を得ることが出来るという点にあります。

More Detail

魅力を最大化させる方法

住宅模型

家賃保証のあるサブリースは、安定した家賃収入を得られるのが大きな魅力です。サブリースを提供している管理会社を選ぶ際には、事業計画と建物維持管理、入居率で選ぶようにしましょう。3つのポイントで選ぶことで、サブリースの恩恵を最大限受けることができます。

More Detail

不動産投資で収益を上げる

マンション

入居率の良い物件が必要

マンション経営は株などの投資に比べるとリスクが小さいので人気があります。株のリスクは暴落が起こった時に一挙に資産を失ってしまうことです。しかしマンション経営の場合はどのような経済変動が起こっても、マンションという資産は手元に残ります。もともとリスクが少ないマンション経営ですが、さらにリスクを小さくするためには物件選びを慎重に行う必要があります。マンション経営のリスクは空室率ですので、入居率が高い物件を確保することが重要になります。入居率の良い物件の条件とは、街自体に活気があること、駅から近い物件であること、周辺環境が良いことです。このような物件を確保できれば、マンション経営は順風満帆で、長期にわたって収益を上げることができます。リスクの軽減で見えてくる素敵な未来に期待しましょう。

少子化と二極化の影響

マンション経営にも一棟丸ごと投資と区分投資の2種類があります。区分投資というのはマンションの一室を購入して賃貸にする方法です。初期資金が少なくても投資ができるので、サラリーマンに人気があります。このような区分投資なら、入居率の良い物件を選ぶことができます。一棟丸ごと投資の場合は土地探しから始めます。しかし駅から近いという条件だけで初期投資額は大きくなります。そのため中古マンションの購入を視野に入れて物件探しをした方がリスクは小さくなります。今後は少子化によって求められる賃貸マンションが変わってきます。学生や若者の人口が減ってくるので、個性を大事にしたデザイナーズマンションなどが人気になります。その反面、極端に家賃が安い物件への需要も多くなります。経済格差によってマンション経営も二極化へ向かいます。

サラリーマンにできる投資

アパート

マンション経営は土地や資産がなくても可能です。ワンルームマンションを購入して賃貸に回すやり方は、多くのサラリーマンが行っています。ワンルームマンション経営で重要なのは収益率です。そのためには初期投資額をなるべく低くすることです。中古物件なら価格も安く、入居率の良い物件を探しやすいです。

More Detail